このエントリーをはてなブックマークに追加 あとで読む

割引制度もある

何らかのサービスを利用すれば、割引が利用できます。
たとえば、保険商品であっても、種々の割引制度があり、自動車保険では、エコカー割引があり、エコカーを持っていれば、保険料が割り引かれるものがあります。
また、自動車保険であれば、事故をせず、なおかつ、保険を使わなければ、自然と保険料が割り引かれるようになっています。
実は、アルバイトであっても、そういう割引制度があります。
とっても、時給などが割り引かれるのではなく、当該商品などを購入した場合に割引がなされるということです。
たとえば、あるスーパーなどでアルバイトをし、そこの商品を購入すれば、割引対象となることなどです。
割引率については、雇用先の企業などで異なりますが、20あるいは30パーセント割引などもあるようです。
また、スポーツジムなどでも、アルバイトをし、そこの施設を使うのであれば、割引対象となります。
しかし、仮に当該企業の福利厚生施設を使えるのであれば、それでも割引が利用できます。
いずれにせよ、こういう割引を社割と呼びます。
社員に適用されるものとして知られていますが、アルバイトの場合、臨時社員とも呼べます。
そのため、社割が使えることも、当然のことでしょう。
こういうのを鑑みれば、企業の株主であっても、株を所有している会社の商品を購入すれば、株主割引が適用されます。
これもまた、当該企業と関わる人の特権とも言えるものであり、中には、こういう割引などを目当てに当該株式を保持する人も多いようです。
Copyright (C)2018待遇で選ぶアルバイト〜労働環境の良い職業はこれ?〜.All rights reserved.