このエントリーをはてなブックマークに追加 あとで読む

保険完備が良い

国民皆保険である以上、アルバイトでも保険に加入できます。
ここで言う保険とは、社会保険を意味し、民間保険であれば、基本的に誰でも加入できます。
しかし、アルバイト加入するには、一定の条件があり、それをクリアしている必要があります。
アルバイトの場合、限定された仕事であり、特に就業時間に関しては、フルタイムではありません。
このため、社会保険に加入する場合も、一定時間数以上の労働時間が必要とされています。
さらに、期間についても、長期雇用が見込めるものであり、目安としては、三か月以上となっています。
社会保険完備というアルバイトは、少なくとも、この条件がそろっているところでしょう。
ならば、短期の人は、社会保険に加入できないのかと言えば、そうではありません。
企業組合の社会保険には加入できませんが、市区町村運営の社会保険には加入できます。
すなわち、国民健康保険および国民年金になります。
この場合、自分で加入手続きなどをするため、市区町村の窓口へ行き、所定の手続きをするようになります。
なお、企業組合の社会保険であれば、雇用保険にも、加入できます。
仮に解雇などになれば、給付金を受けられるようになります。
ただし、加入期間が半年以上である必要があります。
三か月程度で辞めてしまえば、雇用保険の給付金を受け取ることができないため、その点には、注意が必要でしょう。
もし給付を受けるのであれば、離職票を持参し、自宅近くのハローワークで手続きするようになります。

就職・転職・求人・アルバイト、ここのホームページで情報収集しましょう

Copyright (C)2018待遇で選ぶアルバイト〜労働環境の良い職業はこれ?〜.All rights reserved.